2009年 06月 14日

讃岐で食べる饂飩

b0174267_071677.jpg




朝早くに出て、うどんを食べに行く。


もう随分と並んでいる田舎の民家に驚く。
150人くらいはいるだろうか?兎に角並んでみる。
ちいさな小屋みたいな店。入っては次々と丼を持って出てくる様子に、きっと客席はないんだろうと踏む。

熱々の釜の前に立つ、熱いうどんか冷たいうどんかを言う。
そこに醤油か出汁醤油、葱、生姜などを載せて楚々草と表に出る。

午前の陽を浴びながら、
四国の広々とした青空を眺めながら、うどんを食う。
[PR]

by doubaru | 2009-06-14 00:14


<< 匙      彫刻 >>