月ノ宮

tukinomiya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 03日

Comme des Garçon

b0174267_1212327.jpg




銀座の個展が終わって、いくつかのギャラリーをまわった。
創作への模索の旅がソウルからずっと続いていた。
現代アート、ARTBOOK、建築、コンテンポラリーダンス
プロダクトデザイン、タイポグラフィーと多岐にわたる旅。

その中で、青山のコムデギャルソンに行った。
高校時代からその刺激はいつもあった。
黒のイメージから、赤のイメージ。赤は黒だと云う。
ファッションのみならずインテリアやアート、シンボリックなイメージまでも打ち出して
強く刺激を受けてきた。
20代の半ばくらいだったか、コムデギャルソンとヨージヤマモトのメンズだけのショーに行った。
コムデギャルソンの用意したメインのモデルはデニス・ホッパーだった。
長い長い道の真ん中で両手を拡げて反対側から歩いてくるジョン・ルーリーを迎えた。


クリスマス後の関西への旅、わずか3日間の旅で神戸の旧外国人居留地に立つ洋館にある
コムデギャルソン神戸に行く。
アンティークなイメージとモダンが折り重なる川久保玲のデザインしたshop。
奇しくもコムデギャルソンを知った10代の終わり頃に傾倒していたイギリスの人形アニメーター
ブラザーズ・クウェイの作品がDMの素材として2009年から使われ始めている。
原点回帰なのか、感覚の融合なのか?



b0174267_12345343.jpg





そしてその夜、
大阪のコムデギャルソンに来ていた。
sixというギャラリーを新設し、つい先日までは草間彌生の作品展もあったという。
大阪はParisと同じく真っ赤な内装。
強烈な赤が町に反応していた。


久しぶりに服を買おうと思ったが、やはり香水にした。


家に帰って一吹きしてみる。
そうやって何かを捜してみた。



b0174267_12405937.jpg

[PR]

by doubaru | 2010-01-03 12:41


<< 近所の散歩      獅子の判子 >>