月ノ宮

tukinomiya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 17日

見つける


ヨーロッパを旅しています。
もうすぐ三週間。いや、もう帰らないとね。楽風の作品をつくらなくて
は・・
でも、この旅は新しい作品世界の探求でもある。昨年末からの変化に戸惑
いながらも先に進もうと決めて、半年が経つ。新しい作風を求めているの
ではない。新しい作品を作りたいのだ。
ものを作ったり考えたりする時、人はどうやって自分自身の視野を広げる
のだろうか?自身の視野といえば内面を顧みるしかない。果たして内部に
新感覚はあるのだろうか。


まぁ、そんな事ばかり考えずに旅に行こうと思い立ったのが今回なんだ。
ヨーロッパに行くにあたっては、最初エストニアという候補もあった。
エストニアへ行くために、スウェーデンに寄るとか、いやいやモスクワに
も行けるみたいだとか思いは膨らんだ。
まあしかし夏の前だ。
パリ行きは決めていたし、アムステルダムへも行きたい。
そうしてると、長年世話になっているチケット屋のおばさんから「イスタ
ンブールも経由できますよ?」と言われた。
イスタンブール!
嗚呼、ずっと行きたかったところ。
じゃあそこへ三泊。
うーん、いま考えると迂闊だった。もっと居れば良かったんだ。飯は美味
いし町は魅力的だ、しかもトルコ国内にも面白いところは山ほどある。

それでヨーロッパ三週間はほぼ決まった。


何を見つけるのか、


ここに結論は出ない。
旅が終わってないから?

否、そうではない。
旅は永遠と続くように探求も続くと決まっているからだ。



b0174267_1842813.jpg



人の手によって作られ、人の手によって荒れ果てたものたちの美しさ。




b0174267_1842899.jpg




ものを作るための道具を作る人がいると思う、その遠い道のりを見る。





b0174267_1842812.jpg




古いものが愛され、新しいものを軽やかに取り入れていく、成熟した国た
ち。

太陽を、酒を、暮らしを、音楽を

恋愛を、カフェを、旅や人生を

昨日オランダのゴーダという町で、たくさんの老人を見た。
青いストライプのシャツに半ズボンの爺さんが嫁さんと手を繋いで歩いて
いく。白シャツに黒コートの白髭が自転車で駆け抜けていった。
真っ赤なセーターのお婆さんが美しい顔で買い物帰りの自転車に乗る。

生きる限り、人生を楽しめたら良いなと、思った。
[PR]

by doubaru | 2010-06-17 18:04


<< 植物のかたち      この旅の食べもの >>